FC2カウンター

Facebook

さんぼん木Facebookページも開設!「いいね!」を押していただいた方にはご来店時におつまみ一品をご提供いたします。

Twitter

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

プロフィール

さんぼん木

Author:さんぼん木
奥さん歴35年。
おかみさん歴17年。
おばあちゃん歴7年です。
旦那頑固者料理人。
やっと、人生が楽しくなってきた♪

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
3年前に庭先に植えたグミの木に、今年はけっこう実がなりました。

1年目は1コだけ。2年目は2コだったので、今年は3コかなと思ったら、

可愛い赤い実が、クリスマスツリーの飾り電球みたいに、美しく木を

飾ってくれています。
グミの木3年目

酸っぱくて甘くて懐かしいグミの味です。
グミの実

子供の頃、長崎の田舎で育った私の家には、グミの木、サクランボの木、

ビワの木、キンカンの木、夏みかんの木、おばあちゃんの家には柿の木。

大人になって、これらを買うというのが不思議な気がしました。


あと、今年も柚子胡椒作りのための青唐辛子の苗植え時期に

なってきました。

昨年は労力を軽くしようと、特大の青唐辛子を作りましたが、

大きいだけに、水分も多すぎて柚子胡椒作りには不向きという

事がわかって、今年こそはと、種からこだわりましたよ!


前回長崎に帰った時に、柚子胡椒作りのお師匠さんである、

幼なじみのトミーちゃんのお母さんから、毎年使っているという

青唐辛子の種をもらってきました。
唐辛子種

4月の中頃、この種から苗作りを始めましたが、なかなか芽を出さず、

ダメかなと思っていたところ、ここのところの夏日の日差しで、

一気に芽吹いてすくすく育っています。
唐辛子苗

さんぼん木『自家製柚子胡椒』今年はどんな出来になるかな

ヾ(@⌒▽⌒@)ノ楽しみだ〜〜〜
今回の定休日は何も予定なしの日曜日。

午前中はのんびりと長風呂を楽しんで、マッタリと東京の娘家族と

Skypeでおしゃべりをして、昼前からどこか行ってみるか、と

目的も決めずに車を走らせました。


途中、スマホで蒲郡あたりの見所などを検索してみると、

小さな島に橋のかかった『竹島』の写真が気にかかります。


その橋を歩いて渡るようで、景色もいいみたいなので、

とりあえず目的地をそこに決定!



が、その前にちょうどお昼になりそうなので、先ずは豊川まで

行ってうなぎを食べたくなりました。

豊川に行くなら、商売繁盛の神様豊川稲荷に行かなくてどうするよ!

以外と大将が豊川稲荷には行った事がないというのが驚きでしたが、

日本の三大稲荷というだけあって、お社はさすがに重厚感がありました。
豊川稲荷

豊川稲荷ズーム

お参りを済ませて、広い境内の外れの方にある「霊狐塚」という

狐の石像が1000体以上祀ってあるところも見てきました。
おキツネ様

おキツネ様2

ゲ!?こわ〜い( |||o|||)

家族全員がおキツネ様になっていたという、子供の頃みた夢を

思い出しました。


境内を出て、門前町の「うなぎ」の看板に引き寄せられて、

久しぶりにうな重を食べ、名物のいなり寿司を二種類と、

ヤマサのちくわを晩ご飯用にと買い求めてから、最初の目的だった

蒲郡の竹島に行ってみました。
蒲郡の竹島

駐車場で案内のチラシをもらって、読んでみるとなんと、この小さな島

全体が国の天然記念物に指定されていると。

その島の中に五つの神社があって、パワースポットとしても有名だとか。

知る人ぞ知る穴場なのでしょうか、けっこうな人(それもカップル)が

橋を渡っておりました。

橋の上からの眺めもよく、初日の出の名所だというのもうなずけます。

島の上のそれぞれの小さな神社に、家内安全、商売繁盛、夫婦円満、子宝

厄よけ、等々ご利益を書いた旗が掲げられていました。


こんなに近くでも、まだまだ知らないおもしろい所があるんですね。

出かけてみてよかった!\(⌒▽⌒)/


それから、買って帰ったいなり寿司とちくわも、予想以上に

美味しかったです。

毎年、いなり寿司フェスタで競い合って、研究され尽くしたいなり寿司

だけあって、わさびいなりは最高!

おつまみにしてもいけますよ!
昨日土曜日に、地方版ではありますがTVで紹介されました。

TV放映昼まで待てない

土曜日のお天気の良い日だったし、そんなに家でTV見ている人は

少ないのではと思いながらも、いつもよりも多めのご飯と、

かき揚げの準備はしておいたのですが、放送中からすぐに電話も鳴り

だして、思った以上に早速のご来店のお客様に、父ちゃん母ちゃんだけ

のうちの店は、大忙しとなってしまいました。。。。。゛(ノ><)ノ


ご注文を受けてからの粉入れ、油投入で更にデカ盛りのため、

揚がるのにも時間がかかるため、立て続けのかき揚げご注文だと、

お待たせしてしまうのはどうしようもなく、ただお待ちいただくしか

ありませんが、目の前にお出しした時の思わず笑ってしまうお客さんの

反応に胸を撫で下ろします(^.^;


ネットで調べてくださる方は、営業時間や定休日、ランチお休みの情報を

知っていただけますが、おそらく電話で問い合わせをしてこられる方は、

そういう環境にないと思われますので、皆さん聞かれることは駅からお店

までの道順。

が、しかし、なんとも説明しにくい場所にありまして、、、困ります。

うまい案内もできませんで申し訳ありません。

定休日の今日も、もしかしたらお電話の問い合わせがあるかも

しれないので、留守電に定休日や営業時間もろもろの情報を吹き込んで

おきました。



あと、よく言われるのが『オタクは三本木(地名)の出身なの?』

けっこう、いろんな所に三本木という地名の場所があるらしいのです。


そうではなくて、うちの名字が『森』

木が、三本(さんぼん)なんですよね( ̄ー ̄)ニヤ...

で、さんぼん木なのです。


今後とも宜しくお願い致しますm(_ _)m

お出かけ日の遅くに帰宅して、楽しかった一泊旅行のアップも

ままならないまま、昨日からお仕事でした。

昨晩は帰省していた方や、家族でお食事というお客様達もに

ご来店頂きまして、早い時間から賑わっておりました。


平針独身3兄弟も揃いぶみで、帰省のお土産を持って集まって

いただき、ありがとうございました。m(_ _)m



今年のG.W.も、うちは一泊の短いお休みではありましたが、

最初から最後まで、ずっと笑っていたような楽しい二日間を

過ごす事ができました。


今回は、三重県志摩のアワビ祭りに立ち寄って、志摩3


紀伊長島古里温泉の民宿『桃太郎』を拠点に、桃太郎料理

桃太郎

翌日には熊野の天然記念物『獅子岩』
天然記念物獅子岩

七里御浜の鯉のぼり
七里御浜こいのぼり

熊野本宮大社を詣でて、
熊野本宮大社

鳥居


奈良県の十津川村まで車を走らせ、谷瀬の吊り橋を巡って
谷瀬の吊り橋2

短くも濃い、おじさんおばさんの修学旅行は無事に終わりました。


一番の酒好きなのに、ずっと運転をかってでてくれた親分肌の

旦那と、必ず何かをやらかしてくれる愛すべき天然嫁のSA家。


笑いの種を常に拾ってくれて、笑いの泉のような可愛い嫁と、

大人の遊びに長けていて、楽しさを倍増してくれる旦那のAN家。


一番長老でも一番元気な、みんなのカンフル剤のような母に、

家族想いで、気配りのできる三十路を過ぎたアイドル息子のSE家。


ここにMO家が入って、最強の面白のんべえ会が完成します!

またひとつ楽しい思い出のベージが増えました。

みんな、ありがとう♡
G.W.まっただ中の4(日)、5(月)と定休日を含めて連休

させていただきます。

今回の休みはいつもの友人夫婦3組と親子組の8名で、三重県尾鷲方面へ

一泊飲み旅行へ行ってきます。

なんでしょう!この遠足の日の朝のようなワクワク感♪

なにせ、このメンバーの行くところ、必ず何か面白い事が起こるのです。

後日、報告させてもらいます!

お留守番のジョニーは、いつもお願いしている
ドッグシッターさん

お願いしてあるので安心して出かけられます。

家まで来てもらって、いつものようにお散歩をしてくれて、

ご飯も食べさせてもらえますよ。

突然にお別れがきてしまいました。

それは、先々週の事でした。

夕方いつものように、『いく?』という問いかけに敏感に反応して、

そそくさと玄関に向かっていく看板犬(キャバ犬)ぶぶ。


お店の常連さん達にかわいがられていたので、毎日お店に一緒に

出勤するのを楽しみにしていました。


いつものように、常連さんがご来店までは、おとなしく、

忍耐強く待っていたぶぶが、Yちゃんの声が聞こえただけで、

我慢の限界!

そんなぶぶの気持ちもわかってくれるYちゃんの方も、

飲食もそこそこにいつものおやつを買いがてら、

近くのドラッグストアまで、お散歩に連れて行ってくれました。


その帰り道、お店の目と鼻の先の駐車場の入り口で、まさかの事故が

起こってしまいました。


急に駐車場に入ってきた車がぶぶに気が付かず。。。。


その夜、長男夫婦も遅くに駆けつけてくれて、

翌日にはYちゃんも一緒に、長楽寺でぶぶを送ってあげました。


家族以外にも、たくさんの人を癒して、愛玩犬としての役割を

しっかりと果たして逝ったぶぶは最高のワン子でした。


ペットロスの解消には新たに迎えるといいと言いますが、

あんなに面白おかしく癒してくれて、表情豊かなワン子に巡り会える

気がしません。


我が家にはもう一匹、義父の忘れ形見のジョニーもいるし、今しばらくは

みんなでぶぶを思い出して、懐かしんであげようとアルバムを作りました。
ブブアルバム


今夜もYちゃん、Mさん、アルバムをにこやかに眺めながら、

在りし日のぶぶを思い出してくれていました。


9年間ありがとう♡ぶぶ

| ホーム |


 ホーム