FC2カウンター

Facebook

さんぼん木Facebookページも開設!「いいね!」を押していただいた方にはご来店時におつまみ一品をご提供いたします。

Twitter

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

プロフィール

さんぼん木

Author:さんぼん木
奥さん歴35年。
おかみさん歴17年。
おばあちゃん歴7年です。
旦那頑固者料理人。
やっと、人生が楽しくなってきた♪

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QR
一彦兄ちゃんのモンキーが生まれ変わりました!


天白にお店を移転してから、お客様として知り合いになったY君に

もらってもらえたのが、瑞穂の住まいの引っ越し準備にかかった

今年の暑い夏の始まり頃だったと思います。


それから、きれいに整備されてピカピカに生まれ変わらせて、

昨晩、店まで乗ってきてくれました。

モンキー2


何十年も倉庫で埃をかぶっていて、かといって簡単には手放す事が

できなかった、大将の兄にもらった動かないバイクでした。


大将の兄は大将とは一卵性兄弟か、と言われる程仲がよく

仕事も一緒でした。

その兄もバイク好きで、そのうちの1台をもらったものでした。


通勤もバイクで通っていた兄は、仕事を終えて帰るある日に

事故にあってしまい、32才の若さで逝ってしまいました。



その後もしばらく、大切に乗っていたモンキーですが、

そのうちに壊れて動かなくなってしまい、いつか修理すると言いながら、

ずっと駐車場の奥に止めっぱなしにしてありました。


それがある時、盗まれてしまったことがありました。


動かないバイクを盗っていくという事は、その犯人もマニアの人で、

何となく心底悪い人ではないような気がして、きっとまたここを通る人に

違いないと思ったもので、ある案を思いついきました。


「ここに置いてあったバイクは、事故で亡くなった兄からもらった、

大切なものです。そっと返しておいてください。」


こう紙に書いて、駐車場の後ろの壁にしばらく貼って訴えてみたところ、

およそ一週間後、このバイクは本当にそのままの形で返されていました。


それからは、鍵のある倉庫のなかで、ずっと眠っていたバイクです。


今回、同じようにバイクが大好きで、自分で整備修理のできるY君が、

そのモンキーを欲しいと言ってくれて、また蘇らせて乗ってくれるのなら

とY君にもらってもらったのでした。

若いY君がこれに乗ると、30年以上も前の古いモンキーが

カッコ良く生まれ変わりました! ありがとう!

モンキー




日中は、まだまだ半袖で十分なくらいに暑い毎日ですが、

公園の草木は着実に秋の装いを深めています。

銀杏の木の下には毎日落ちた実を拾う人達が、集まってきますし。

ススキの穂もツヤツヤのきれいな穂を垂らし始めました。

そして、ワン子のお散歩もひと手間増えて、毎日顔や足にたくさんの

くっつき草を貼付けてくるので、頑張ってとってあげなくてはいけません。
くっつき草

ついでに、予定のない日曜日なので、デカいジョニーを洗って、

ボッサボサのコイツを自己流トリミングしてやろう!
ビフォー2

洗うのに1時間。

トリミングに2時間かけて出来上がり!
アフタージョニー

だんだん腕が上がってきたでしょう。♪

子供3人の散髪と、オヤジの散髪やってきた腕は鈍ってませんでした。

でも何よりも、ジョニーさんが、おりこうさんなのが素晴らしいかも。

2時間もの間、リードもなしで、ジッとおとなしく立ち続けて、

立って、座って、こっち向いて、回っての注文にすべて素直に

従ってくれるいい子でした!

毎月1日のカレーの日。
今月は、キノコとビーフのカレー。
いつものようにたっぷりのニンニク、生姜、玉ねぎを炒めて、
ココナッツミルクと豆乳をベースに10種類のスパイスを入れた
水も小麦粉も入らない身体に優しい「さんぼん木カレー」です。

本日の具材はマッシュ−ルーム、エリンギ、マイタケ、シメジ、
珍しいタモギダケというキノコも入った秋のカレーです。

キノコとビーフのカレー

併せて本日のおすすめに『とんがらしえび』の唐揚げ。
とてもエビの味が濃くて、まさにカッパ海老センを食べてるかのよう!
唐辛子エビ

ついでにこちらは我が家の青唐から、鷹の爪を作っています。
唐辛子作り


ご要望があれば、本日のカレーに『とんがらしえび』を
トッピングもできますよ☆⌒(*^-゜)b

| ホーム |


 ホーム